小児外科・小児泌尿器科このページを印刷する - 小児外科・小児泌尿器科

小児外科の特徴



 広島県東部で唯一の日本小児外科学会認定施設です。小児外科学会指導医1名、専門医1名、専攻医2名の4名で診療を行っています。
 新生児から15歳までの消化器、呼吸器、泌尿生殖器、悪性腫瘍などが対象となります。皮下腫瘤や副耳・耳瘻孔、正中頚嚢胞など体表の疾患も担当しております。また、小児特有の疾患では、高校生以降も当科で対応可能です。主な疾患は、ソケイヘルニア、臍ヘルニア、停留精巣、虫垂炎、幽門狭窄症,腸重積症などです。食道閉鎖症や胆道拡張症など高難度の内視鏡手術も当院で施行可能です。内視鏡手術以外でも「低侵襲」を目標としてお子様の未来をみすえた治療を心がけております。また、小児外科の大きな役割として新生児外科があります。主な新生児疾患は卵巣のう腫、各種先天性消化管閉鎖(食道閉鎖、十二指腸閉鎖、回腸閉鎖)、嚢胞性肺疾患、分画症、横隔膜へルニア、腹壁異常(臍帯ヘルニア、腹壁破裂)、鎖肛などで、重症例を含め新生児センターにて手術前後の治療管理を行っております。食道pHモニター、食道や肛門の内圧検査など特殊検査も必要に応じて行います。 胃瘻造設や誤嚥性肺炎防止のための喉頭気管分離術・噴門形成術を行っています。臓器移植(肝臓・小腸)が必要な場合は他施設に紹介し術後のフォローは当科で行います。 
 小児外科は急性虫垂炎や腸重積・腸閉塞・腹部外傷など緊急手術が多いことも特徴の一つですが、積極的に小児外科疾患の救急を受け入れることで広島県東部地域において完結できる小児外科診療を提供できるよう努めます。  
 
■常勤スタッフ (写真)  
小児外科・小児泌尿器科医長 阪 龍太 
小児外科・小児泌尿器科医長 井深 奏司
小児外科・小児泌尿器科医師 塚田 遼
小児外科・小児泌尿器科医師 竹村 理璃子
 

具体的な診療内容・小児外科で対応する病気について

そけいヘルニア 陰嚢水腫患者さん用説明文書

へそヘルニア患者さん用説明文書

停留精巣患者さん用説明文書

便秘

◆くび(正中頸部のう胞)

◆むね(気胸、肺のう胞、漏斗胸)

◆おなか(食道裂孔ヘルニア 胃食道逆流症、超回転異常、メッケル憩室、ヒルシュスプルング病胆道閉鎖症胆道拡張症

◆おしり(肛門周囲腫瘍・痔瘻

◆泌尿器(膀胱尿路逆流水腎症かれつ

◆障がいをお持ちの方の手術


 ここにお示しした疾患はわれわれが取り扱う疾患のごく一部です。くわしくは小児外科学会ホームページ、小児泌尿器科学会ホームページをご覧ください。

外来担当医表

小児外科論文学会発表

当科の手術実績





スタッフ


阪 龍太(さか りゅうた)

平成15年卒(大阪大学)
資格)   日本外科学会 専門医 指導医
      日本小児外科学会 専門医 指導医 評議員
      日本内視鏡外科学会 評議員
      大阪大学 臨床准教授
      臨床研修指導医
      緩和ケア研修会修了
      医学博士
専門分野) 新生児外科、内視鏡外科、低侵襲手術
ひとこと) 積極的に内視鏡手術や低侵襲手術を行っております。手術をするかしないかも含めて、こどもの将来を一番に考えた治療を選択させていただきます。話を聞きたい、相談したいというだけでも結構です。お気軽にご相談ください。緊急性のある疾患では夜間・休日でも対応しております。

井深 奏司(いぶか そうじ)

平成18年卒(岐阜大学)
資格)   日本外科学会 専門医
      日本小児外科学会 専門医
      日本周産期・新生児医学会 認定外科医
      小児がん認定外科医
      日本がん治療医認定医機構 がん治療認定医
      日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
      ICD
      臨床研修指導医
      緩和ケア研修会修了
      医学博士
専門分野) 新生児外科、小児がん(主に固形腫瘍)、小児泌尿器、外科感染症
ひとこと) 子供たちが笑顔で生活していけるよう、最高の医療サービスを提供すべく、日々精進しています。ご家族の皆様にも満足し安心して頂けるように、病状説明等では、わかりやすい図やスライド資料を用いて丁寧に対応させて頂きます。

塚田 遼 (つかだ りょう)

平成23年卒(兵庫医科大学)
資格)   日本外科学会 専門医
      緩和ケア研修会修了
専門分野) 一般小児外科
ひとこと) 生まれも育ちも大阪で関西以外で初めて勤務しています。福山の良いところをたくさん見つけようと思います。子ども達が少しでも元気になるように精一杯、治療させて頂きます。
    
竹村 理璃子 (たけむら りりこ)

平成29年卒(金沢大学)
資格)   緩和ケア研修会終了         
専門分野) 一般外科・小児外科
ひとこと) 子どもたちへの診療を通して日々学ばせていただいております。お子さんとそのご家族が毎日笑顔で過ごせるような医療を提供していきたいです。