看護部このページを印刷する - 看護部

地域の健康な生活を支え、かけがえのない生命を守り、親切・丁寧・安らぎのある看護を提供します

看護部長メッセージ

当院は、「がん」「成育」「骨・運動器」を中心とした診療を行うと共に、地域周産期母子医療センターとしての機能も果たしています。看護部の理念は、“わたしたちは、地域の皆様の健康な生活を支え、かけがえのない生命を守り、親切・丁寧・安らぎのある看護を提供します”です。この理念を支えているのは安全・安心な質の高い看護と、患者さんの気持ちを受け止め寄り添う看護の心です。私たち看護スタッフはこの理念を大切に、患者さんと共にある看護を目指しています。そして、地域の皆様から選ばれる病院でありたいと考えています。

看護部長 岡本 悦子(おかもと えつこ)

看護部の基本方針

患者満足、職員満足のいく医療を提供します。

  • 患者さんの意思や尊厳を大切にした患者さんと共にある看護をめざします
  • 患者さんの個性を重視したエビデンスのある看護をめざします
  • 豊かな人間性と専門的知識・技術を習得するための自己研鑽をめざします
  • 安全・安楽・安心な療養環境の提供をめざします
  • 地域や他の医療従事者と協力・連携して医療チームの一員として専門性を発揮することをめざします

当院のシンボルマーク

当院のシンボルマーク
ロゴマークの意味
人間:献身的で心込めた暖かい医療活動
集中:FMC(福山医療センターの略)を中核にした医療の相互ネット
発展:朝の陽光のように拡がる地域医療を意味しています。

ロゴマークのイメージ
両手を差し伸べて包み込むように患者さんの気持ちを受け止める深い愛情をイメージしています。